対人影響力のあるコーチが科学的アプローチを加えることで圧倒的なコーチングの結果を出す!

科学的な「アセスメント」と「プロファイリング」を
アナログ的なコーチングに組み合せる

48種類の「認識スタイル」と「言語パターン」 を使いこなし
他者洞察力、対話力、対人影響力を強化する

「ことのはコンサルタント」基礎講座(4日間)

ことのは(言葉)に着目すると、言葉の「意味」や伝えたい人の「思い」以外に、
その人の使っている「認識スタイル」がわかります。


言葉に関する2つの国際認定資格が4日間で取得できる
iWAMプラクティショナー認定」と「LABプロファイル®プラクティショナー認定」

● iWAMマスターを認定できる日本に2人しかいないシニアマスターから、
業界経験25年以上の現場ノウハウを短期間で学べる国内唯一の機会です。
(2019年現在)


プロとしてこんな迷いはありませんか?

他の人の役に立つために
コーチングのスキルは磨いてきた。

しかし、他者を支援するコーチは市場に溢れかえっていて、
自分の特徴を際立たせるのも難しい…

相性のよいクライアントとの対話は充実しているが、
相性のよくないクライアントとの対話は深まらない…

思えば、言葉の扱い方については我流のまま…


言葉に関してこんな悩みはありませんか?

✅ ライアントから悩みを相談された時、
話をいくら聞いても言葉の奥にある真の課題になかなか辿りつけない…

✅ いまの課題を解決するために、何をどのように聞くべきか?
意図をもって質問を組み立てられない…

✅ クライアントの話から、人となり、考え方や行動の特徴など、
プロフィールを理解するまでに時間が掛る…

✅ これから行動してもらいたいと思った時に、
相手にやる気を出してもらえる効果的な問いかけ方がわからない…

もし、1つでも当てはまるものがあるなら
是非、読み進めてみてください。


プロコーチが卓越した影響力を発揮するためには
「認識スタイル」と「言語パターン」の活用が有効です


クライアントが課題だと思っている話を聞くときに、

何について話しているのか?
話の内容にいくら着目して聞いても、

問題の本質に迫っていかないことがあります。
ところが、相手との対話を通じて、

どんな言葉を使って話しをしているのか?
特定の文脈での「言語パターン」に 着目しながら話を聞くと、

・どんな考え方(無意識の思考ぐせ)をする傾向があるのか?
・どんな状況に動機づけられるのか?
・どんな行動の特徴があるのか?

相手を素早くプロファイリングすることができます。


「言語パターン」とは?

私たちは外部からの情報を
各自の「認識スタイル」を使って
自分独自の世界を認知しています。

この認識スタイルは、数100種類という研究もありますが、
環境を「職場」に限定し、統計的に意味がある
行動を起こす元になる 動機や 興味、価値観に関わる
48種類の認識スタイルを本プログラムでは扱います。

どのような認識スタイルを持っているかは、
その人が良く使う言葉として現れます。
これを「言語パターン」と呼びます。

この体系を頭に入れて相手の話を聞くことで、
相手の動機や行動特性を理解し、
相手に影響を与える言葉を使えるようになります。


体系だった知識と訓練なしに
言語パターンは使いこなせない


相手の話の内容ではなく、
言葉の使い方に着目するだけでいいのか…
と思ったのではありませんか。

実は、私たちが普段の生活を通して
認識スタイルや言語パターンを
自己流で使いこなそうとしても難しい面があります。


<難しい面1> 認識スタイルは無意識下で働いている

私たちの脳が1秒間に受け取る外部からの情報量は
1100万ビット(文庫本5冊ほど)を超えるという実験結果があります。

しかし、脳は膨大な情報を一度に処理できないので、
自分独自の認識スタイルを使って
フィルタリングしたわずかな情報を認識し、
それを本当の世界だと思い込みがちです。

しかし、このプロセスは無意識下で行っているので
どのような認識スタイルを使って世界を見ているのか
普段の生活で、自然に認知することはありません。


<難しい面2> 人の言動の表現方法は無限大

私たちは何かを決断し行動する時
自分の認識スタイルの組合せを使っています。

認識スタイルの数は環境を職場に限定しても48種類。
その使い方の組合せは無限大(∞)です。

・この複雑な組合せがどのように行動に現れるのか?
・言語パターンを使ってどう動機を引き出すのか?

といった体系は、私たちが学んでこなかった新たな知識です。


<難しい面3> 言葉の習得には生きた体験が不可欠

私たちは長い期間を掛けて
多くの経験を通じて言葉を習得してきました。

それは、言葉の意味や使い方だけではなく
さまざまな状況下で人とやりとりし
相手からのフィードバックを受け取り
試行錯誤のうえ培ってきた生きた技術です。

短期間で活きた技術を身につけるためには
有効な現場知見を使った実践の場が必要です。


「ことのはコンサルタント」基礎講座が
プロコーチから選ばれる3つの理由


エビデンスに基づいた 「アセスメント」 と「プロファイリング」を
使ったコーチングは、既存のスクールでは学べません。

アセスメントによる「自己理解」「自主的な計画立案」「結果の測定」と
プロファイリングによる「影響言語の活用」で
対人能力開発の効果を高めます。


<理由1> アセスメントで個性が定量的かつ客観的に可視化される

「iWAM(アイワム)診断テスト」で40問の質問に答えることで、
48種類の認識スタイルが定量的にレポーティングされます。

診断テストで答えた絶対評価だけでなく
日本のビジネスマンの中で相対評価*がわかるので、
他者との違い、自分らしさが一目瞭然です。

あなたがクライアントについて知りたい特徴を
短時間で正確につかむことができるので、
真の課題に短時間で辿りつくことができます。

また、クライアントの特徴を
定量的に可視化して提示することで、
クライアント自身に気づきを生み出します。

相対評価*の比較対象は…
2011年労働力調査の約5980万人の労働人口と
性別、年齢、職種がほぼ同じ構成比


<理由2> 言葉や行動に直結する打ち手が簡単に見つかる

その人の個性が認識スタイルの組合せでわかると、
いまの目標を達成するための強みと弱みがはっきりします。

特に目立った特徴が 「コーチングシート」に明示されるので、
48種類の認識スタイルのどこに着目してコーチングを進めればよいか?
簡単にわかります。

「言語パターン」を参考にすることで、
目標達成のために言葉と行動をどう変えればよいのか?
具体的なアクションプランが立てられます。

クライアント自身が行動を計画できるので
自主的な行動によって結果が出ます。
再診断することで、結果を測定することもできます。


<理由3> 相手に影響を与える言葉を使えるようになる

クライアントの認識スタイルがわかると
相手の得意・不得意や好みに合わせて
質問や提案の言葉を変えられるようになります。


<Before> 自分のスタイルで話しても、相手のやる気は引き出せない

自分のスタイルで話しても、相手のやる気は引き出せない


<After> 相手のスタイルに合わせて話すと、やる気が引き出せる

相手のスタイルに合わせて話すと、やる気が引き出せる

・行動傾向や判断規準、コミュニケーション時の焦点の当て方は?
・変化や新しいことへの取り組みに対し、どんな傾向があるのか?
・納得して決定する時に、どのような情報や感覚を必要とするのか?
・やる気を出すためには、どのような要素が必要なのか?

相手の特徴ややる気の源泉を見つけ出し
言語に反映させて行動やモチベーションを引き出す。
新たなアプローチでコーチングの効果を上げられます。


基礎講座のトレーナー

内海 賢 (うちうみ まさる)
ことのはラボ パートナー
(株)コーポレート・エデュケーション 代表取締役
iWAMプロフェッショナルズ 営業本部長
兼 iWAMマスター認定コース担当講師
(株)日本能率協会マネジメントセンター パートナーコンサルタント

講演や企業内研修 は年間200回以上。受講生は50,000人を超え、
「言葉がシンプルで話しがわかりやすい」と受講生からの評価を得ている。
専門分野である、コーチング、部下育成、チームマネジメント、
会議ファシリテーション、コミュニケーションなどに、
「言語パターン」の概念やトレーニング法を採用している。

2010年からiWAMのセミナー運営をサポートしながら、
2015年にiWAMが開発されたベルギーでトレーナーズトレーニングを受講。
現在、日本に2人しかいないiWAMシニアマスターの一人として活動。(2019年現在)

<資格>

  • iWAMシニアマスター
  • LABプロファイル®認定コンサルタント&トレーナー
  • LABプロファイル®認定コーチ
  • 米国NLP協会認定トレーナー・アソシエイト

「ことのはコンサルタント」基礎講座(4日間)


人を動かす言語パターンについて、基本的な活用方法を学びます。

<基礎講座の狙い>

  • 認識スタイルの概要と基本的な活用方法を理解
  • 相手の影響言語を聞き取り、相手の特性に合う「影響言語」を使えるようになる
  • 自分の認識スタイルと影響言語をiWAM診断テストから客観的に理解
  • iWAM診断テスト結果を分析し、相手にフィードバックできるようになる
  • iWAMプラクティショナー認定資格とLABプロファイル®プラクティショナー認定資格を取得する

<学習内容>

■ 前期(1日目&2日目)
・ 「ことのはコンサルタント」とは
・LABプロファイルとiWAMの概要
・LABプロファイルにおける36種類のパターンの概要
・言葉のプロファイリング法の基本を習得する(推測と検証)
・「影響言語で人を動かすスキル」を習得する

前期と後期の間
・プロファイリング実践
・iWAM診断テスト受検

後期(3日目&4日目)
・iWAMの基礎知識
・iWAMにおける48種類の認識スタイルの概要
・パーソナルレポートの見方とフィードバック
・パーソナルレポートを活用したコーチング法
・認識スタイルと影響言語の応用
 ①広告・マーケティング
 ②人材育成・プレゼンテーション
 ③コンサルテーション

※コースの中で資格認定のための試験(実技・筆記)を実施します。

※講座終了後に合否を判定し、合格すると「iWAM プラクティショナー認定」と「LABプロファイル®プラクティショナー認定」資格が取得できます。

コーチ自身が自分の特徴を理解することは重要です。
基礎講座の中で「iWAM診断テスト」を受検し、
あなた自身の「パーソナルレポート」を使います。

<開催概要>

【最小催行人数】4人(開催日の一週間前に確定します)
【定員】12人
【開催地】東京・渋谷駅近辺です。お申込者にご案内いたします。

【開催日程】
■ 2019年 9-10月コース
<1>9月14日(土) 9:30~18:00
<2>9月15日(日) 9:30~17:00
<3>10月26日(土) 9:30~18:00
<4>10月27日(日) 9:30~17:00
申込締切日:9月7日(土) 早割期限:8月31日(土)

■ 2019年 11-12月コース
<1>11月27日(水) 9:30~18:00
<2>11月28日(木) 9:30~17:00
<3>12月16日(月) 9:30~18:00
<4>12月17日(火) 9:30~17:00
申込締切日:11月20日(水) 早割期限:11月13日(水)

【受講料】
通常:200,000円(税込 216,000円)
早割:180,000円(税込 194,400円)・・・講座開始日の2週間前までに申込

※「認識スタイル」を体験できる「2時間講座」のPowerPointファイルを提供。すぐに研修を開催できます。
※ 受講料には、iWAM診断テスト受験、パーソナルレポート作成、iWAMテキスト、LABプロファイル®テキスト、iWAMプラクティショナー認定、LABプロファイル®プラクティショナー認定の費用を含みます。
※ iWAM診断テストをことのはラボで受検済の場合、
 受講料から10,000円(税込 10,800円)割り引きます。

科学的な「アセスメント」と「プロファイリング」を
あなたの対人力の新たな武器にしませんか?

受講規約を確認のうえお申し込みください


「ことのはコンサルタント」について詳しく知りたい方は…

「言葉を科学する」2時間講座でご紹介しています。


お問合せは 株式会社コラボプラン が受付けます

こちらからお問合せください