「ことのはコンサルタント」基礎講座

「iWAMプラクティショナー」&「LABプロファイル®プラクティショナー」を同時に認定する4日間コース

「認識スタイル」と「影響言語」 を使いこなし、説明力、対話力、他者洞察力、対応力を差別化する


● 言葉に関する2つの国際認定資格「iWAMプラクティショナー」と「LABプロファイル®プラクティショナー」 を4日間で同時に取得できる
別々に取得するより、期間も受講料もお得です。

● iWAMマスターを認定できる日本に2人しかいないシニアマスターから、
業界経験25年以上の現場ノウハウを短期間で学べる国内唯一の機会!
※年間200回以上の研修・講演・公開セミナーをこなす現役プロ講師 (2019年現在)

● コーチ、人事担当、コンサルなど「対人支援者」が、本質的な変化をスピーディーに生み出せるようになる


他者とのコミュニケーションにこんな悩みはありませんか?

✅ 伝えたい内容が相手になかなか伝わらない…

✅ 相手がなぜそんな言動をするのか?理解できない…

✅ 相手をうまく動機付けできない…

✅ 自分が周りからどのように見えているのか?不安である…

✅ 相手の悩みの真意がよくわからない…


コミュニケーションの改善には
「認識スタイル」と「影響言語」の活用が有効です


自分や相手の「言語」に着目すると
・どんな考え方(無意識の思考ぐせ)をする傾向があるのか?
・どんな状況に動機づけられるのか?
・どんな行動の特徴があるのか?

相手を素早くプロファイリングすることができます。

「認識スタイル」「影響言語」とは?

私たちは外部からの情報を
脳の認知機能の1つ「認識スタイル」を使って
自分独自の世界を認知しています。

この認識スタイルは、数100種類という研究もありますが、
環境を「職場」に限定し、統計的に意味がある
行動を起こす元になる 動機や 興味、価値観に関わる
48種類の認識スタイルを本プログラムでは扱います。

どのような認識スタイルを持っているかは、
その人が良く使う言葉として現れます。
これを「影響言語」と呼びます。

この体系を頭に入れて相手の話を聞くことで、
相手の動機や行動特性を理解し、
相手に影響を与える言葉を使えるようになります。


影響言語を使いこなすためには
体系だった知識が必要


認識スタイルや影響言語は、
私たちが普段の生活を通して
自己流で使いこなそうとしても難しい面があります。


<難しい面1> 人の言動の表現方法は無限大

私たちは何かを決断し行動する時
自分の認識スタイルの組合せを使っています。

認識スタイルの数は環境を職場に限定しても48種類。
その使い方の組合せは無限大(∞)です。

・この複雑な組合せがどのように行動に現れるのか?
・言語パターンを使ってどう動機を引き出すのか?

といった体系は、私たちが学んでこなかった新たな知識です。


<難しい面2> 言葉の習得には生きた体験が不可欠

私たちは長い期間を掛けて
多くの経験を通じて言葉を習得してきました。

それは、言葉の意味や使い方だけではなく
さまざまな状況下で人とやりとりし
相手からのフィードバックを受け取り
試行錯誤のうえ培ってきた生きた技術です。

短期間で活きた技術を身につけるためには
有効な現場知見を使った実践の場が必要です。


「ことのはコンサルタント」基礎講座が
コミュニケーション改善に有効な3つの理由


コミュニケーションの改善に有効な要素は、
納得感を持って自分を理解し、相手を理解すること。
自主的に自分の行動を計画できることです。


<理由1> 無意識下で働いている認識スタイルがわかる

私たちの脳が1秒間に受け取る外部からの情報量は
1100万ビット(文庫本5冊ほど)を超えるという実験結果があります。

しかし、脳は膨大な情報を一度に処理できないので、
自分独自の認識スタイルを使って
フィルタリングしたわずかな情報を認識し、
それを本当の世界だと思い込みがちです。

この、普段の生活で自然に認知することのない、
無意識下で機能している、自分や相手の認識スタイルを
質問や診断テストで分析します。

<理由2> あなた自身の個性を定量的かつ客観的に自己理解

「iWAM(アイワム)診断テスト」で40問の質問に答え、
あなたの48種類の認識スタイルを定量的にレポートします。

あなたが答えた絶対評価だけでなく
他者との相対評価*がわかるので、
他者との違い、あなたらしさが一目瞭然です。

あなたの特徴が48視点から客観視できるので
相手に合わせた自己コントロールを微調整できます。

* 相対評価の比較対象は…
2011年労働力調査の約5980万人の労働人口と
性別、年齢、職種がほぼ同じ構成比


<理由3> 言葉や行動に直結する打ち手がすぐ見つかる

あなたの個性が認識スタイルの組合せでわかると、
いまの目標を達成するための強みと弱みがはっきりします。

「影響言語」を参考にすることで、
目標達成のために言葉と行動をどう変えればよいのか?
簡単に行動計画ができます。


基礎講座のトレーナー

内海 賢 (うちうみ まさる)
ことのはラボ パートナー
(株)コーポレート・エデュケーション 代表取締役
iWAMプロフェッショナルズ 営業本部長
兼 iWAMマスター認定コース担当講師
(株)日本能率協会マネジメントセンター パートナーコンサルタント

講演や企業内研修 は年間200回以上。受講生は50,000人を超え、
「言葉がシンプルで話しがわかりやすい」と受講生からの評価を得ている。
専門分野である、コーチング、部下育成、チームマネジメント、
会議ファシリテーション、コミュニケーションなどに、
「言語パターン」の概念やトレーニング法を採用している。

2010年からiWAMのセミナー運営をサポートしながら、
2015年にiWAMが開発されたベルギーでトレーナーズトレーニングを受講。
現在、日本に2人しかいないiWAMシニアマスターの一人として活動中。(2019年現在)

<資格>

  • iWAMシニアマスター
  • LABプロファイル®認定コンサルタント&トレーナー
  • LABプロファイル®認定コーチ
  • 米国NLP協会認定トレーナー・アソシエイト

「ことのはコンサルタント」基礎講座(4日間)


<基礎講座の狙い>

  • 認識スタイルの概要と基本的な活用方法を理解
  • 相手の影響言語を聞き取り、相手の特性に合う「影響言語」を使えるようになる
  • 自分の認識スタイルと影響言語をiWAM診断テストから客観的に理解
  • iWAM診断テスト結果を分析し、相手にフィードバックできるようになる
  • iWAMプラクティショナー認定資格とLABプロファイル®プラクティショナー認定資格を取得する

<基礎講座の流れ>

● 2日目と3日目の間で「iWAM診断テスト」を受検します。

ウェブ上で、職場での行動特性に重点を置いた40問の質問に
約30分で答えること で、個人分析データを作成します。

● 3日目と4日目は、診断結果の「パーソナルレポート」を使用します

●講座終了後に合否を判定し、合格すると「iWAM プラクティショナー認定」と「LABプロファイル®プラクティショナー認定」資格が取得できます。

● コースの中で資格認定のための試験(実技・筆記)を実施します。


<学習内容>

■ 前期(1日目&2日目)
・ 「ことのはコンサルタント」とは
・LABプロファイルとiWAMの概要
・LABプロファイルにおける36種類のパターンの概要
・言葉のプロファイリング法の基本を習得する(推測と検証)
・「影響言語で人を動かすスキル」を習得する

前期と後期の間
・プロファイリング実践
・iWAM診断テスト受検

後期(3日目&4日目)
・iWAMの基礎知識
・iWAMにおける48種類の認識スタイルの概要
・パーソナルレポートの見方とフィードバック
・パーソナルレポートを活用したコーチング法
・認識スタイルと影響言語の応用
 ①広告・マーケティング
 ②人材育成・プレゼンテーション
 ③コンサルテーション

※コースの中で資格認定のための試験(実技・筆記)を実施します。

※講座終了後に合否を判定し、合格すると「iWAM プラクティショナー認定」と「LABプロファイル®プラクティショナー認定」資格が取得できます。


<講座の開催情報>

【開催日程】
■ 2020年 1-2月コース
[前期]2020年1月30日(木)& 31日(金)
[後期]2020年2月20日(木)& 21日(金)

・申込み締切日 2020年1月25日(土)

【場所】
〒113-0033
東京都文京区本郷3丁目27番12号 本郷デントビル2F
※丸の内線/都営大江戸線 本郷三丁目駅より徒歩5分

【受講料】
通常:200,000円(税別)
早割:190,000円(税別)・・・2019年12月28日(土)までに申込の場合

※ 受講料には、iWAM診断テスト受験、パーソナルレポート作成、iWAMテキスト、LABプロファイル®テキスト、iWAMプラクティショナー認定、LABプロファイル®プラクティショナー認定の費用を含みます。

【定員】12人

【主催】 株式会社コーポレート・エデュケーション / 株式会社コラボプラン

受講規約を確認のうえお申し込みください


「ことのはコンサルタント」について詳しく知りたい方は…

「言葉を科学する」2時間講座にご参加ください。


お問合せは 株式会社コラボプラン が受付けます

こちらからお問合せください