「ハラスメントと受け取られないだろうか」 その心配、言葉の選び方で解決できます


「48の脳の認知パターン」が私たちの
「コミュニケーション」や「言葉の意味」を
左右することをご存知でしたか?


あなたが、この「48パターン」をどのように使うかによって、
・期待通りに動くのでストレス無くやり取りできる相手
・思った通りに動かずイライラしてきつく接してしまう相手

という違いが生まれます。

つまり、
自分の言葉のパターンを知り、
相手の言葉のパターンがわかれば・・・

相手が不快に感じる心配がなく
気持ちよく受け取れる
言葉を使えるようになります。


「期待した通りに動いてくれない」
こんな相手にイライラしきつく接してませんか?


<1>「すぐやるように」依頼したのに、なかなか取り掛からない…

<2> お願いした通りにやらないで、勝手に やり方を変えている…

<3> 何度言っても昔のやり方に固執してやり方を変えてくれない…

<4> 目指す方向性を示しても、目の前の問題ばかりに目が向いて一向に前進しない…

<5> 仕事の優先順位を決めずいつも細々としたことでパニックになっている…


相手が動いてくれずイライラするのは、
自分と相手の言葉が違うからかもしれません


<1>「すぐやるように」依頼したのに、なかなか取り掛からない…

【例】田中課長と鈴木さんのチームに新しい急ぎの仕事が下りてきました。

【田中課長】「この仕事すぐに着手してくれないか」

【鈴木さん】「よく考えを整理したうえで
取り掛かった方がいいと思いますが…」

【田中課長】「とりあえず動いてもらえないかな。やる気あるの?」

【鈴木さん】「とりあえずですか?ちゃんと方法を考えて
タイミングを見た方がうまくいくと思いますが。」
(内心:田中課長はいつも強引だ。だからうまくいかないんだよ。)

いかがでしょうか?
田中課長と鈴木さんは会話が噛み合わず平行線、
これでは、イライラするし相手を評価できません。

しかし、実は相性が悪いわけでも悪気があるわけでもなく、
「主体性」に関する脳の特徴が違うのです。

田中課長と鈴木さんの場合は、
・田中課長が「主体行動型
・鈴木さんが「反映分析型

2人の「主体性」に関するパターンが異なっているため、
無意識に話す言葉が違っただけなのです。

田中課長が「主体行動型」の言葉で話をしたので、
反映分析型」の鈴木さんはその言葉が刺さりませんでした。

そして、
「伝わらない」「動かない」「やる気が起きない」
という現象が起きました。


普段、あの人は
「できない」「間違ってる」「合わない」

と感じる大きな要因の1つは
あなたと相手のこのパターンの違いだったのです。


相手に合わせて言葉を変えると
話がかみ合い互いに認め合える


もしも、田中課長が上の表の「使う言葉」を参考にして
鈴木さんの「言葉」に着目して話を聞いていたら・・・
「よく考える」「タイミングを見る」という言葉から
鈴木さんが「反映分析型」だということが推測できていたはずです。

田中課長が、鈴木さんに対し
反映分析型」の言葉で話しかけていたら、
会話はこのように変わります。

田中課長:「この仕事、なるべく早く考えを整理して、取り掛かってくれないか」

鈴木さん:「うまく出来そうな方法を少し考えて、
なるべく早いタイミングで実行します」

田中課長は、「急いでいること」を伝えることができ、
鈴木さんは、「すぐ動いて」から「考えてから動いて」
に変わったので抵抗なく田中課長の言葉を受け取れます。

実は、田中課長が鈴木さんに言葉を合わせたことにより、
鈴木さんの中では、

・耳慣れた言葉なので、話が分かりやすい。
・思考の傾向が同じなので、相手の提案や依頼に合意できる。
・やる気スイッチの入る言葉を聞いて、モチベーションが上がる。


ということが無意識に起きました。

つまり、
「伝わる」「動く」「やる気が起きる」
という現象を意識的に起こすことが出来たのです。


ここまで、

<1>「すぐやるように」依頼したのに、なかなか取り掛からない…

という人間関係の悩みを題材に、
主体行動型」と「反映分析型
2つのパターンについて考えてきました。

残りの<2>~<5>については、
後ほどご紹介する「入門講座」の中で詳しく解説します。

ところで、
私たちの「コミュニケーション」や「言葉の意味」を 左右する
「脳の認知パターン」は48あります。

相手を期待通りに動かすためには、
まず自分の48パターンを知ることから、
始まります。

実は、この48パターンを定量的に測定できるツールがあります。

それは、「iWAM(アイワム)アセスメント」といいます。


なぜ「iWAMアセスメント」が
人間関係必須のツールと言われているのか?


● 自分の「iWAMアセスメント」結果からは、
 自分の48パターンの特徴が数値でわかるだけでなく、
 他の人の特徴も推測できるようになります

●「ふだん自分が無意識に使っている言葉」と
「相手が喜んで動いてくれる言葉」の違いがわかります

● 相手の「思考や行動の特性」「やる気スイッチ」が
手に取るようにわかるので、
1on1面談やコーチングが楽になります


iWAMは世界の企業で活用されている手法です


18言語に翻訳され、30か国以上で活用されています。
以下は、活用している企業の一例です。

<アメリカ>  
エネルギー省、ジェネラル・ダイナミックス、国政調査局、エセックス、USEC、ジェネラル・アトミックス、アレクサンダー・マニュファクチャリング、ワイマン・オーガニゼーション、セントルイス大学、サンドバーグ・フェニックス&ボン・ゴンダード
<イギリス>
ロイター通信、エアマイルズ、グラクソ・スミスクライン
<オーストラリア>
シェルグループ、コロニアル・ファーストステイト、ニューキャッスル大学、キャリアセンター
<ベルギー>
イケア、コカ・コーラ、パイオニア、ブリティッシュ航空、DHL、ユーロスター、ノキア、VLMエアラインズ


今回、みなさんに言葉の活用を体感していただくために、
48パターンのうちの基本となる8パターンについて、
活用方法を具体的に紹介する入門講座をご用意しました。

■ 入門講座で扱う8つのパターン

1)主体的に行動する
2)考えてから行動に移す
3)目的に向かって進もうとする
4)問題を避けようとする
5)常に別の選択肢を求める
6)既存の方法に従う
7)全体を把握しようとする
8)細かい情報を必要とする


言葉で相手に影響を与える
『ことのは(言の葉)入門講座』


1.言葉の特徴から自分と相手を理解することができます

2.相手の言葉を使うだけで、期待通りに相手が動くようになります。

3.たった1時間半の講座で、明日から言葉の影響力が変わります。


<講座の内容>

「コミュニケーション」や「言葉の意味」を左右する
48パターンのうち、基本的な8パターンを扱います。

1.私たちの思考・行動・言葉・やる気に影響を及ぼす
 「脳の認知パターン」=「認識スタイル」を理解する

2.自分の「8つのパターン」を推測し、自分を理解する

3.「8つのパターン」の強み・弱み・人間関係で起きがちなことを学ぶ

4.言葉がどんな影響を与えるのか体験し、異なる特徴の相手への対応方法を理解する

5.様々な分野での活用方法と活用事例のご紹介

6.アンケートにご協力ください


お申込みはこちら

受講規約を確認のうえお申し込みください


<参加者の声>

✅ 自分のやる気が出る言葉が、相手のやる気を下げているという事実に驚いた。

✅ 自分がよく使う言葉と、使っていない言葉があることが理解できた。

✅ 自分が普段使っていない言葉を聞いても違和感を感じる一方、
  よく使う言葉を聞くとすんなり受け取れました。

✅ 相手が受け取れる言葉を使わないと、
  部下もうまく育成できないことに気が付きました。

✅ 相手に合わせて言葉を選べるように訓練しないと、組織風土は改善できないと思いました。


<講座開催情報>

【開催場所】
〒113-0033 東京都文京区本郷3-27-12
本郷デントビル2F
※本郷三丁目駅から徒歩5分

【開催日程】
・1月31日(金) 18:30-20:00
・2月21日(金) 18:30-20:00

【参加費】 2,000円  ※ 会場受付でお支払いください。

【定員】 8人


<講師>

河村 庸子(かわむら ようこ)

株式会社コラボプラン 代表取締役


早稲田大学卒 英国国立レスター大学MBA
株式会社リクルートで、リクナビNEXTなどの大規模システム、商品開発プロジェクトを経験。2002年、グローバル経営を学ぶためIBMニューヨーク本部に出向。帰国後は、8事業のマネジメントおよび改革を経験する。800人事業の業績マネジメント改革では、2年目に全社最優秀事業を獲得。業界1位から転落した300人営業組織のマネジメント改革では、1年間で生産性2倍、業績をV字回復させる。

この経験を、おなじ悩みを持つ企業に伝えることを使命とし、2012年に独立。現在は、「効果的だが難しいノウハウを、現場で簡単に使えるように」をテーマに、組織改革、人財活用の研修やコーチング、コンサルティングを提供している。言葉を変えるだけで部下のやる気を高め、組織の成果につなげられる効果的なツール「iWAM診断」を世に広めるべく講座も開催中。
著書に『生産性マネージャーの教科書』『リーダーの戦略ノート』がある。

<資格>
・ iWAMプロフェッショナルズ認定 iWAMマスター
・LABプロファイル マスター
・DiSC認定 インストラクター
・日本交流分析協会認定 交流分析士インストラクター
・米国NLP協会認定 トレーナー・アソシエイト
・米国NLP協会認定 コーチ/チェンジ・エージェント
・チームフロー認定 コーチ


こんな方に参加をお勧めします>

  • 自分とタイプの違う部下にイライラする
  • ついつい部下にきつく当たってしまう
  • 組織の雰囲気をよくしたい
  • ハラスメントの発生リスクをコミュニケーション力で減らしたい

お申込みはこちら

受講規約を確認のうえお申し込みください


株式会社コラボプランのメールマガジン登録はこちら

お問合せは 株式会社コラボプラン が受付けます

こちらからお問合せください