成果が出る人間関係をスムーズに構築する5ステップ

『交流分析 入門講座』各回限定8名【無料】

●3つの診断であなたが周りの人とどう関わればよいかわかる
●診断結果を課題に沿って解説するので人間関係が劇的に変わる

●世界で70年の歴史がある交流分析だから変化に納得感がある


職場でこのような悩みはありませんか?

□ 嫌われたくないので、ほかの人と仕事を分担できない
□ 業務改善提案が出ず、効率化が進まない
□ 主体的に取り組まない、指示待ちの人がいる
□ 組織間の連携不足で、深刻なミスが起きることがある
□ メンバーの仲は悪くないが、組織のパフォーマンスが上がらない

思ったように成果が出ないのは「人間関係」より「結果」に着目しているからかもしれません

思ったように「結果が出ない」時、みなさんは
・様々な方法にチャレンジする
・今まで以上にPDCAを丁寧にまわす
・責任の所在を突き止め改善を要求する
・管理を強化するためにタスクを増やす

など、色々な試行錯誤しているのではないでしょうか。

結果を出すために行動を改善することも大切ですが、
結果にばかり着目すると、人間関係を疎かになり組織が弱くなることがあります。

マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱した
「組織の成功循環モデル」にもあるように
● 結果に着目すると「バッドサイクル」
● 人間関係に着目すると「グッドサイクル」

がまわります。
そして、この2つのサイクルの結果には、大きな差があります。

<バッドサイクル>
結果が出ない原因を追究し、相手を責める
指示命令や対立が増え「人間関係の質」が低下
③ 失敗を恐れて仕事への熱意を失い「思考」が受け身で後ろ向き
「行動」が消極的で自分最適
① もっと「結果」が出ない

もっと結果を出したいと思ったら、
「結果」そのものより「人間関係」に着目し、
グッドサイクル」をまわします。

<グッドサイクル>
信頼関係・協力関係を築き「人間関係の質」を向上
主体性や当事者意識が芽生え「思考の質」が向上
自発的で積極的な「行動」が増える
「結果」が出る

つまり、

職場の人間関係の質を向上させると・・・
自然にあなたの仕事のパフォーマンスは上がり始めます。


自然と成果が上がる人間関係を構築できる5ステップ

チームで大きな成果を出すためには、
率直で本音を言い合える信頼関係が必要です。
信頼関係は、次の5つのステップを経て構築できます。

※参考:交流分析「時間の構造化」

まずは、人間関係の5ステップのどこが出来ていて、どこが出来ていないのか?
今の職場を○△×で診断してみましょう。

「職場の人間関係の質」診断

お互いに自然に挨拶している
感謝や労いの言葉が自然に出る


誰とでも軽い世間話をしている
活気があって皆の表情が明るい

話し合いは、よく理解でき、よく伝わった安心感がある
各人が積極的かつ自発的に仕事を進めている

自分の信念を強制したり、相手をコントロールしない
挑発・嫌味・すねる等、否定的交流が起きていない

自分の考えを(反対意見も含め)率直に伝えている
▢ 問題が起きても、オープンに生産的に解決している

いかがでしょうか?

どこかに課題が見つかった場合は、
ステップ1→5の順に課題解決の方法を模索し、成果の出る人間関係を作りましょう。


<ステップ1>「あいさつ」から人間関係が始まる

「おはよう」「ありがとう」「お疲れ様」などの「あいさつ」
がない職場は居心地が悪く、気軽な「おしゃべり」にも発展しにくいものです。

もし、みなさんが重い空気が漂う組織にいるとしたら・・・
毎日の「あいさつ」から風土改革を始めるのがお勧めです。

「あいさつ」は形式が決まっているので、誰でも簡単にでき、
気持ちよく1日を過ごすことが出来ます。

周りから「あいさつ」が返ってくるようになると、雑談しやすい風土に変わります。


<ステップ2>「おしゃべり」を通じて状況を把握

「おしゃべり」が出来ない組織は、
関係性がぎくしゃくし、コミュニケーションが上手く取れず、
1つの目標に向かう「仕事や活動」に支障が出ます。

「最近、リモートワークが増え、雑談が減ったことによって
お互いの業務状況が見えなくなり、仕事の調整が上手くできなくなった」
という、仕事への悪影響をよく聞きます。

リモートワークによる雑談不足を感じたら、
●会議前のアイスブレークの時間でプライベートな話を共有
●週報に各自の近況や悩みを載せる

など、「気軽に雑談」できる場を意識的に作ることが有効です。

雑談が上手にできるコツは、
●「会話を継続できる(切ることもできる)」
●「ポジティブなコミュニケーションができる」

ことです。具体的な方法を講座でお伝えします。


<ステップ3> 苦手な人とも上手くコミュニケーションできるようになる

得意な人とはうまく仕事できるけれども、
苦手な人とは全然コミュニケーションが取れない、
という方は少なくありません。

皆で共通の目的に向かう活動では、
苦手な人ともビジョンを共有し、役割を分担し、
一丸となって取り組まないと、成果を出すことはできません。

自分とはタイプの異なる人を巻き込み、円滑に仕事を進めるためには、
「自分の言葉や行動の特徴」
を客観視し、
「相手に合わせて、自分の言葉や行動をコントロールする」
コミュニケーションスキルが求められます。

本講座では、簡易エゴグラムでご自身の言葉や行動の特徴を診断し、
皆さんの特徴と、診断結果に応じた相手に合わせる方法を解説します。


<ステップ4>コントロールや威圧のような「否定的交流」を克服する

人間関係が深まってくると、
双方が不愉快な気持ちになるやり取りが繰り返し起きることがあります。例えば、

・相手の問題点につけ込んで、やり込める
・嫌味を言って思い通りにコントロールしようする
・遅刻や規則違反など、周りから責められる行動を繰り返す
・自分を卑下し、すねたり相手に依存しようとする

こうした「否定的交流」は、生産性を下げ、組織の力を奪います。
こうした状況に巻き込まれないために、

本講座では生産性を下げる「否定的交流」の種類をご紹介します。
巻き込まれたとしても、素早く抜けだすヒントもお伝えします。


<ステップ5>本音を言い合う「親密」な信頼関係を築く

私たちは、「自分」や「他者」を
受け入れられる時と受け入れられない時があります。
そして、その捉え方が人間関係に影響しています。例えば、

「自分の方が他者より優れている」と捉えている時は、
相手を見下し攻撃的になるので、信頼関係を築けません。
また、
「自分の方が他者より劣っている」と捉えている時は、
その場から逃げようとするので、建設的な人間関係を築けません。

信頼をベースに本音で話し合い、協力しながら成し遂げられるのは、
自分も他者も受け入れ、
「自分と他者は対等に力がある」と捉えている時だけなのです。

本講座では、「自分」や「他者」をどう捉えているかを診断します。
親密な信頼関係を築けるようになるために、
「自分と他者は対等に力がある」と感じられる時間を長くする方法をお伝えします。


「交流分析入門講座」開催概要

講座内容

  • 「職場の人間関係の質」の診断
  • 職場の課題と強化したいポイントの考察
  • 成果を出す人間関係を構築する5ステップ
  • 雑談が上手になる2つのコツ
  • 自身の言葉や行動の特徴を診断(簡易的エゴグラム)
  • 簡易エゴグラム診断からわかる特徴と相手に合わせる方法を解説
  • 否定的交流の種類と巻き込まれないヒント
  • 「自分」と「他人」に関する自分の捉え方を診断
  • 「自分と他者は対等に力がある」と感じ信頼関係を築く方法を解説

開催情報

【開催方法】 オンライン(ZOOM)

【参加費】 無料

【日程】
6月17日(月) 19:00~21:00
6月26日(水) 19:00~21:00
7月 7日(日) 10:00~12:00
7月15日(月祝)10:00~12:00

【定員】 各回8名
各自のお悩みに解決のヒントを持って帰ってもらいたいので、少人数制で実施しています。


交流分析入門講座に申込む

受講規約を確認のうえお申し込みください


「組織の人間関係に強い」講師が担当します


組織のやる気と行動力を引き出し、
楽しく働きながら成果も上げる人材育成に取り組んでいます。
「3 カ月でV字回復」「1年で生産性2倍」など結果につながる指導に定評があります。

日本交流分析協会認定
交流分析士インストラクター

河村 庸子(かわむら ようこ)

自分らしく活躍できる「リーダーシップ開発トレーナー」
「目に見えない心のクセ」を一目瞭然に図解する交流分析を研修やコーチングに活用。
自律性を高め、自由に活動し、自分らしい人生を加速することを目指しています。


【経歴】
・株式会社リクルートに新卒入社し、24事業を経験
・リクナビNEXT、旅行会社、全社基幹システムなど、大規模開発プロジェクト
・IBMのニューヨーク本部に出向し、グローバル経営手法を学ぶ
・年商:470億、従業員:1,000人事業の事業計画、業績管理、管理会計を再構築。
2年後にリークルートの業績管理における全社最優秀事業を獲得
・業界2位に転落した300人営業組織のマネジメント改革。1年間で生産性2倍。V字回復。
・他企業のマネジメント課題にも展開することを使命に2012年に独立

・現在、株式会社コラボプラン 代表。 多様な業界のリーダー層を対象に、
-マネジメントの設計や導入による組織力強化
-部下育成(人間関係構築、対話、面談、OJT、会議など)
を研修+コーチング+アセスメントを組み合せてトレーニング

【資格】
・MBA(英国国立レスター大学)
・LABプロファイル®マスタートレーナー(最高位の資格)
・iWAMプロフェッショナルズ認定 iWAMマスター
・DiSC認定 インストラクター
・米国NLP協会認定 トレーナー・アソシエイト/コーチ
・国際ジェネラティブ・チェンジ協会 コーチ
・ビリーフ解除(DSR)トレーナー

【著書】
・『今いる人で目標を超える リーダーの戦術ノート』
・『生産性マネジャーの教科書』(クロスメディア・パブリッシング)


こんな方にお勧めします

✅ 部下・後輩の育成力やリーダーシップを向上させたい人

✅ 仕事でもっとパフォーマンスを上げたい人

✅ 自分の思考・感情・行動の特徴を理解し改善したい人

✅ 職場の人間関係をもっと良くしたい人


✅「交流分析」がどのようなものか知りたい人


交流分析入門講座に申込む

受講規約を確認のうえお申し込みください


お問合せは 株式会社コラボプラン が受付けます

こちらからお問合せください